グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




US-COIL:大学の世界展開力強化事業

本学では、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と、大学教育のグローバルな展開力の強化を目的に、米国の大学との間でCOIL型教育を活用しつつ、学生の相互派遣を伴う教育連携プログラムを、上智大学及びお茶の水女子大学とともに3大学(国内連携3大学)で実施しています。
平成30(2018)年度末からUS-COILの取り組みを始め、主に以下のプログラムを実施しています。
(1)授業科目へのCOIL導入
(2)静岡スタディツアーの実施
(3)米国での短期語学研修
(4)学内のCOIL普及
大学の世界展開力強化事業は、文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会が実施する補助事業で、2018(平成30)年9月に採択され、2018(平成30)年度から2022(令和4)年度までの5か年度にわたり実施します。

COILとは

Collaborative Online International Learningの頭文字をとったもので、オンラインを活用した国際的な双方向の教育手法を指します。情報通信技術(ICT)ツールを活用し、海外の学生と、様々な分野のプロジェクトをバーチャルに連携しながら実施することで、国内にいながら海外大学の学生と協働して学習できます。

静岡県立大学(University of Shizuoka: US)のCOILで「US-COIL」の略称としました。

COIL導入の目的

US-COILは、オンライン教育(COILシステム)を利用した遠隔教育と交流事業を軸に、日本と米国の二国間の大学間連携を図り、第三国への教育発信を含めた国際高等教育の多層的展開及び学生のモビリティ(海外留学派遣や外国人留学生受入などの世界的な学生移動)を向上させることを目的としています。

国内連携3大学での取り組み
(1)学生へのグローバル教育機会の提供
(2)連携大学と地域社会のリソースを活用した多層的な学生交流の推進
(3)国際協働オンライン学習プログラムの第三国への展開を通じた途上国での教育格差是正への貢献

オンライン教育

オンライン教育は、単に機材や通信技術を導入した新規性のある教育というだけではなく、様々な格差が広がる現代社会において、教育機会の拡充を担保し、従来の教育形態では協働することが難しかった学習者が協働学習を通じ多角的に学ぶことを可能とします。

オンライン教育導入の意義
(1)経済的理由や大学の履修カリキュラムの関係上、留学機会が得にくい学習者に教育機会を提供する
(2)文化的背景の異なる多様な学習者が協働学習を行うことにより、課題に対する多面的な理解や複眼的な思考力を習得する
(3)留学事前指導等の授業では、相手先からの映像や双方向コミュニケーションを利用した効果的な学びが可能になる
 

新着情報

RSS

2020年9月14日
「メディア」ページに、静岡スタディツアーを紹介した関西大学のe ジャーナル「I-PAPER」2020年9月号のダウンロードページへのリンクを追加しました。
2020年8月12日
「授業」ページに、三重大学と接続した国際関係学部「日本語表現法ⅠA」、米国ポートランド州立大学と接続した看護学部「国際保健・災害看護論」を追加しました。
2020年7月1日
「授業」ページに、米国カリフォルニア大学デービス校と接続した薬科学専攻博士前期課程「生体情報分子解析学特論・先端医療薬学特論」を追加しました。